Posts Tagged ‘五大行事’

2019年 感謝祭

2019年07月27日

皆さんこんにちは。
先日は皆さんにとってとても大切な感謝祭の行事を無事に終える事ができました。
感謝する事の大切さをふじ子先生に説いていただきました。

毎日の生活の中で当たり前のように出来ている事の有り難さを感じて下さい。
感謝すればするほど神様とつながり、応援して下さるのです。
またそのような人には決して魔神が入る事はありません。
何故かというと、そういう方はいつも明るく、心の捉え方も素直です。
また暗い事を好みません。

そして皆さんの子供達にも感謝する事の大切さを教えて下さい。

副神教 勝又槙子 

2019年節分祭

2019年02月06日

いつも行事の時にはお天気に恵まれますね。
今回の節分祭も素晴らしいお天気となりました。
ほんとに有り難い事です。

豆まきやお菓子撒きをする時も、皆さんのお顔に笑顔がたくさん溢れていました。
その笑顔を忘れずに今年も周りの人を明るくしてあげて下さい。

さあ、2月4日からが本当の新しい年の始まりとなります。
今年も皇神会を盛り上げて行きましょう。

副神教 勝又 槙子

2019年元旦

2019年01月07日

皆様、明けましておめでとうございます。

元旦から素晴らしいお天気となりました事、大変ありがたく思います。
元旦祭も笑いの中で無事に終えることができました。
大神教様に感謝ですね。

年明け早々世の中の乱れを感じるようなニュースも耳にしましたが、どうか皆さん、周りにいる人々を明るくしてあげてください。
今年はその事を意識して一年過ごしていけると良いですね。

人生の生き方とは (ぼたん 2018年供養祭より)

2018年09月27日

人は人様が幸福になる言葉以外は出さなくてよい。
本当の自分らしさを出し、正直にありのままに生きる事が幸福な人生と言えよう。
自分をよく見せたり、ただ相手の方に沿って歩んだりするのではなく、
わが身を顧みず世の人々の為に尽くしきってる姿こそ、幸福な人間と言えよう。

私達は宇宙の神様から宿題を頂いてこの世に生まれて来たのです。
そして無条件で感謝感謝の日々を送るのです。
もし、自分が道に迷ったら、まず原点に返る事です。
そのようにしないと一生迷い道にはまり込んでしまいます。
人の姿を見て自分に置き換えよう、そうしたらどこで迷ったのか知ることが出来るのです。

自分が間違ってる事はしっかりと反省し二度と過ちを犯さない心こそ、
自分が救われる道となるのです。
そしたら次は実行です。
汗で泥まみれになり、実行している姿です。
例え失敗に終わったとしても貴重な体験は必ず残ります。

その裏で失敗した人を批判する人は、汗や涙もなく、泥まみれでもなく、実行もなく、
楽な立場に立ってもその御霊を掴む事は出来ないでしょう。
神、仏、人の道が分かる人は神界に守られ、霊界からもその人自身がとても眩しく
光って見えるそうです。これは霊界の人々の声です。

本当に自分が救われたかったらならば、自分の中にある「良心」に目覚める事です。
「心」という文字に対しては本当の先生、指導者は自分自身なのです。  

大神教 勝又 ふじ子

(2018年供養祭「ぼたん」から抜粋) 

創立40周年祭を迎えて

2018年08月26日

皆さんこんにちは。

40周年祭 御苦労さまでした。

今回も信者さんの体験談を加えての講演でしたが、とても和やかな雰囲気で
笑いもあり、楽しい講演となったと思いますが 如何だったでしょうか?

少しずつではありますが、実行に移している人は何らかの奇跡を頂いているようです。

この神様はとても正直です。素直になればスイッチオン!なのです。

今日この日に感謝し、一人残らず皆さんの家庭が幸せになるよう祈って、
副神教の言葉と代えさせて頂きます。

副神教  勝又 槙子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

神様が実在しているのに哀れな信心 (ぼたん 2018年奇蹟感謝祭より)

2018年07月19日

自分中心に物事を考えてはいけません。
何故かというと、相手の心に入っての考えでなければ、どなたと話ても心が通じ合う事は
出来ないからです。

また、子供達にも親の心を押しつけてはいけません。
子供の心をよく見抜いて一人一人の個性を活かしてあげ、希望を持たせて自信を持つ心を
育てる事が大切だと思うのです。
天より預かった子供を親の権限で育ててはいけません。

夫を救うことも出来ず、子供に淋しい思いをさせているお母さんの姿を、
子供達は見通しています。
一軒の家の運命を変えるにはお母さんの御霊で変わってしまうのです。

大神教を中心にしないで家が栄える筈がございません。
大神教を通さずして道が開く訳がありません。
また、家の中で大神教の教えを説かない人に、幸福など訪れません。
ただ、因縁が残るだけです。

また、親だけしか来ていない家庭はご先祖さまもどんなにか苦しんでいられる事か。
何故かと申せば、霊界では時々私達に「子供の姿が苦しい」と訴えてくるからです。

立前で縋り、欲得で縋った信者は必ず最後には刈り取らせると、天は申しております。
犯した罪は霊界に通信されているのですよ。

大神教 勝又 ふじ子

2018年節分祭が行われました

2018年02月03日

節分祭が無事に終わりましたが、皆さん如何だったでしょうか?

当日は雨に降られる事なく外での豆まきも無事に過ごす事ができましたね。
そして、年男、年女の皆さんにも豆まきをして頂きました。

信者一人一人が幸福を摑めるよう御霊を磨いて行って下さい。
自分が鬼のような心にならないよう今年1年を過ごして行きましょう。

副神教 勝又 槙子

2017年 降臨祭が行われました

2017年05月17日

みなさん!39周年神降臨祭 おめでとうございます。
来年はいよいよ40周年になります。
来年は盛大に記念パーティーをするため、これから会場を探す準備をしているところです。
大神教様は、月日の流れは早かったと言われていました。
前日の雨からすっかり上がり、当日は気候も穏やかな一日となりました。

さて、降臨祭のお話は如何でしたでしょうか?
みなさんもう少し、信心を深めるといいと思います。
また、いつも童心の心で神様に縋って行けるような、素直さも欲しいと感じています。
そして、日々生かされてる事を当たり前と思わずに、何事も、感謝する事です。
大神教様に御縁があった皆さんは幸せなんですよ!
それを忘れないでください。

副神教 勝又槙子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2016年 供養祭が行われました

2016年09月27日

前日の雨が嘘のようにお天気が回復しました。
毎回の事ではありますが、行事で困った事はほとんどありません。
有り難いですね。

さて、供養祭は如何でしたか?
お焚きあげの最中、様々な色が見えた方もいるかと思います。
緑や虹も見えたのではないでしょうか?
大神教様はお焚きあげの時に白くて丸い玉が幾つも空に上がって行くのが
見えたそうです。
御先祖様もまた一年新しい体で過ごせる事をとても喜んでいる事と思います。
そして皆さんと一緒に大神教さまの話を聞いていた筈です。
皆さんが一人でも多くの人に徳積みをすることを、御先祖様も願っています。
それには人様に対して常に正しい言葉を出す事。
そのような人を天は応援するのです。

副神教 勝又 槙子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

2016年 感謝祭が行われました

2016年07月19日

感謝祭当日はお天気も良く、良い式典となりました。
さて今回発表をしていただきました3名の信者の方々の体験談は
如何だったでしょうか?
お話を聞いて自分に置き換えたところもあったのではないでしょうか?

この方々は自分心の良かった事、或いは悪かった事を正直に書いてありました。
そしてそれに対して気付きがあり、神前で芯からお詫びをした事から
奇跡があったと言われていました。

「病気が治った!大神教様のおかげ・・・」
という原稿がとても多かったように思います。
それでは自分中心の只の体験談で終わってしまうのです。
いい事も嫌な事も何故そうなったのか?
その答えがなかったのです。

この神様の器の広さは半端ではないのです!
気付きがあったら自分で何とかしようと思わなくても
神様が周りを変えてくださる。
そんな神様ではないでしょうか?

神様は毎日私達に正しい答えを待っています。
そしていつも心を試されているのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

« Older Entries
Copyright(c) 2013 Koushinkai All Rights Reserved. Originally design by Cloud template