奇蹟体験談 ‘体験談’

信者の体験談 第26回:「明るい性格に変えて頂いて」

2019年08月10日

先に入会していた姉からの紹介で皇神会を知ることになりました。

ある日会社に行く途中、側溝に落ちて足を怪我してしまいました。
何かその時に不安を覚えたので、姉に連れられ道場に行くことになりました。
その怪我は最近旅行した先の方位に関係があり、方位の法則がこの世にはあるからお詫びするように、との御指導を頂きました。

また、神様は実在してるので色をもって教えていただけるんだよと聞きました。
神様にお参りをさせていただき目をつむると紫色の丸が見えました。
あ!本当に神様はいるんだ!と初めて教えて頂きました。

そして二十歳過ぎから悩まされていた扁桃腺の痛みもなくなり、ふじこ先生のお力で治して頂けた事に感謝しました。
自分の性格も暗いところがありましたが、先生のおかげで積極的に人と話せるようになり、話をすることが億劫でない事に気づきました。

以前の私なら絶対に出来ませんでしたが、こんな風に変われた自分が嬉しいです。

平塚道場 Tさん

信者の体験談 第25回:「主人が夢で教えてくれた事」

2019年05月18日

皇神会との御縁は、母の足の痛みがきっかけでした。
歩行も辛いほどでしたので、色々な病院に行ったり、良いと言われる事は何でもやっていましたが一向に良くなりませんでした。

以前から皇神会の凄い力のある神様のお話を聞いていた母はすぐに神の子にさせていただき、大神教さまに加持祈祷をしていただきました。
すると痛みも取れ正常に歩けるようになりました。
父もパセドウ病で強い治療薬を飲んでいましたが、神の子にさせていただくと直ぐに体も良くなり仕事も出来るようにになりました。
それと同時に私も神の子にさせていただきました。

亡くなった主人の事でも相談させて頂きました。
主人のお骨はずっと家に置いていましたが、それを心配した先生から御指導を伺うと、
「霊界に行く筈の人の本当の居場所がないので自分に知らせている。お墓は一族は一緒でも良いですが他人になるので別にした方が良い。」
と御指導頂きました。

後日お墓を移す時に、骨壷の中に水が入っていました。
担当者曰く普通水は入らないそうです。
夢で川が出たのは「その水を教えているのです」と先生から教えていただきました。

神の子にさせて頂き、色々と夢で教えて頂ける神様は他にはいないでしょう。
今の自分が人として生かされてる事に感謝し、先祖を大切にし安心して頂けるように、と先生は言われています。
私もそのような生き方をして参ります。ありがとうございました。

三島道場 Kさん

信者の体験談 第24回:「子供を授けて頂いて」

2019年03月23日

私は嫁に来てすぐに稽留流産を経験し、とても辛い思いをしていました。
その後また妊娠したものの、子供が育ってはいませんでした。
そんな状態なので、神前で必死に祈願していました。

そんなとき自分の手が体の悪い部分をさすり始め、自分ではコントロール出来ない状況になってしまいました。
それを見た義母がふじこ先生に連絡をとってもらい、三島道場へと向かうこととなりました。
先生にお会いし、すぐに加持祈祷が始まりました。
祈祷中のふじこ先生の手がとても温かく、不思議と安心できたのを覚えています。
勝手に動いていた私の手もピタリと止まりました。
祈祷が終わり、先生の顔を見るとキラキラと光り輝く姿をしていたので大変驚きました。
ふじこ先生に神様が降りられていると言う事を実感した瞬間でした。

その後、子宮をきれいにする手術を経て、流産した子供の供養もして頂きました。
それから半年経ったころに、主人が色白で丸い顔をした男の子が寝ている夢を見たそうです。
間もなくして男の子が授かりました。
今度は御先祖様から「次は女の子だぞ」と夢で教えて頂き、ふしぎな事が続いていました。

数々の奇跡を授けてくださり、また先生からのお言葉に何度も救われました。
大変感謝しています。ありがとうございました。

御殿場道場 Iさん

信者の体験談 第23回:「ふじ子先生との出会いに感謝」

2019年03月16日

母が先に入会していたことがきっかけで、私も先生とお会いする事が出来、道場に参拝をしにいくようになりました。
私は事情があって、一人で子供を育てています。
ふじこ先生のおかげで、保育園でもお友達に恵まれ、風邪も引かずに元気に通わせて頂いています。

有り難いな、と思った事は就職の事です。
先生からの御指導で「美容関係のお仕事が合ってると思うよ」とお言葉をいただきました。
その後無事に美容関係に就職できました。
働くようになってからお客様からの御指名も頂く事が出来、出産後もいつ戻れるか分からない中、職場の方から「待ってるからいつでも帰ってきていいよ」と言って頂き、本当に恵まれてるなと感謝で一杯です。

出産後に入ったもうひとつの仕事の職場の方からリーダーをやってみないか?と言われ、それもやらせていただく事が出来たりと、内気な性格だった私が「あなたがいると安心するし、話しやすいよ。」と言っていただいたりと本当に思ってもみない事が次々と起こって嬉しい限りです。

先生から沢山の御指導を頂きました。
「自分を大事にする事。人には優しく。自分には厳しくするように」と言って頂きました。
最初はちゃんとその意味がわからないでいましたが、その後、その意味がわかるようになりました。

ある日、人助けをしてその人を道場に連れて行きました。
勉強会も参加する中で、ふじこ先生から「頭を使って言ったらだめ。愛だよ。」と言う御指導を頂き、自分の指導を振り返ると相手に対して少しきつい言い方をしてしまったかな?と感じ、自分の間違ってるところに気づかせてもらいました。

そして、今後は人様から喜んでもらえるような心になれるようにして行きます。

平塚道場 Tさん

信者の体験談 第22回:「ふじ子先生からの愛をいただいて」

2019年03月09日

私は10代の頃母親のいない淋しさから非行に走るようになりました。
そんな生活をしていた私は、いつしかこのままだと自分がだめになる!変わらなきゃ!と思うようになり、どうしたら変われるのか悩んでいました。

そんな時に叔母から「三島道場に行ってみないか?」とお話があり、そこでふじ子先生との出会いがありました。
先生は私を温かく大きな愛で迎えてくれました。
私は凄く安心し、心が軽くなったのを覚えています。

それから入会して道場に通うようになりました。
ふじ子先生の御指導で、家を離れて叔母と暮すようになり、離れて初めて家族の大切さ、父親への感謝の気持ちが生まれてきました。
私が心を正し、また家族と暮らすようになった時は会話が弾み、家族が明るくなる事が出来ました。
先生に御指導頂いた自分が変われば、周りが変わるとはこういう事なんだと実感することが出来ました。
心の過ちを知らずにいたら、今頃どうなっていたのかと思うと恐ろしいです。

早い時期に出会いがあり、気づかせて頂き、感謝の毎日です。
ふじこ先生の大きな愛を沢山の人に知ってもらえるように人助けをしていきます。

平塚道場 Sさん

信者の体験談 第21回:「頭痛を治して頂いて」

2019年03月06日

当時私は頭痛が酷く、頭痛薬を持ち歩くほどでした。
こんなに薬を飲んでいたら体に良くない・・・と思っていた時、友人から「治して下さる先生がいるから会ってみない?」と話してくれたので、私はすぐ「行ってみる!」と返事をしました。
実際に先生にお会いすると「すぐに良くなるよ!」と言って頂き、とても大きな愛で包まれ安心したのを覚えています。

そして2か月が過ぎた頃、「どう?治った?」と尋ねられた時には既に自分が頭痛持ちだった事を忘れるくらいすっかり良くなっていました。
あんなに飲んでいた薬も飲まなくなり、嬉しい気持ちで毎日を過ごしています。
先生との出会いに感謝しています。本当にありがとうございました。

平塚支部 Sさん

信者の体験談 第20回:「登校拒否を克服して」

2019年01月26日

私の子供は不登校でした。
何で学校に行かないの?給食だけでも食べてきて欲しい・・・
そんな思いでいて、そのことで親子喧嘩ばかりしていました。

そんな時、子供が苦しがってる夢を見ました。
既に皇神会に入会している妹に話をして、早速大神教様にお会いしました。
大神教様は優しく迎えてくださり、
「子供を責めてはいけない!子供を神の子と思いなさい。一人の人間として向き合い型にはめずに、いつも笑顔でいなさい」
と御指導を頂きました。
自分のものさしで教育し苦しめていた事に気づいた私は、子供の今の状態をありのまま受け入れるようになり、子供を責めなくなりました。
そして何事も神様に委ね、お任せするようになると、焦らなくなり、心が楽になっていきました。

そんなある日、子供が「高校にいきたい」と言うようになり、子供の意見を尊重したら受験することができました。
その後、高校、大学と進学できて卒業するまでになりました。
現在は好きな職種に就く事が出来、大変感謝しています。

自分に降りかかる様々な出来事に対して前向きに受け入れるようになり、素直になる事の大切さを日々実感しています。
大神教様、ありがとうございました。 

三島道場 Kさん

信者の体験談 第19回:「因縁の糸に操られて」

2018年12月08日

私の両親は短命で亡くなりました。
父の方は精神を病んで亡くなり、私と弟も両親の死後、精神を病んでいました。
自分自身も事故で死ぬ夢を見たこともありました。
弟はそんな運命を恨み 仏壇を蹴飛ばして暴れていました。
霊能者に頼ってはお札を買ったり、印鑑を変えたりして、神社にお参りに行きましたが一向に良くなりませんでした。

そんな頃、友人に道で会い、神様の話を聞きました。
神前に神棚を用意し、中に入れるお札や祝詞の事も皇神会で初めて知りました。
父の供養入会もして頂きました。
その後、実家の屋根に大神教さまと山田さんが白装束でお祓いをしてくださる夢を見ました。
こんな夢は初めての事。そして亡くなった父が苦しそうにしてる夢も見なくなりました。

その後私の弟も入会し、仏壇を蹴飛ばす事もなくなり、辛い日々から救って頂きました。
そして、そんな幸せな日々を過ごせる事に感謝が無くなり、我ばかり強くなり、自分中心になって行くと目の前で事故の現場を見たり、元の運命に戻っていました。
出す言葉も暗い事ばかりで、道場に出入り禁止となり、バスや電車などの公共機関に乗る事も出来るような状態ではありませんでした。
その後大神教様からお電話をいただくと、一瞬で悪い心が削いで行かれるように消え去りました。
その時元の状態に戻れたのです。
私にとって、このような経験をさせていただいたのも勉強でした。

それからは、大神教さまの一言一言が、大切な答えであるとやっとわかりました。
「今まで失敗したこともみな無駄な事ではない。素直に実行することに道が開かれるのです。」
と大神教さまに説いていただきました。
お金では買うことのできない幸せをいただきました。
本当に有難うございました。 

平塚道場 Aさん

信者の体験談 第18回:肝臓がんから20年延命させて頂いて

2018年11月14日

私の父は肝臓がんで入退院を繰り返していたのですが、その事を知る親戚から皇神会を紹介されました。
「良くなるはず!」と話を聞いていたので早速大神教様とお会いしてお話を伺うと、
「母は父に対して冷たいところがあり、その淋しさでお酒をたくさん飲んでしまう。
父に対して尊敬、感謝をして、体に良い食事を作るように」
と御指導を頂きました。
母もその御指導通りに実行して、参拝日には必ず行くようにしていました。

そんな頃、ちょうど入会してから3カ月経った頃の事です。
病院の先生から余命3カ月と言われてしまい、放射線治療の話まで進んでいて家族でどうしたら良いかと途方にくれていました。
その後病院で放射線治療の検査を受けていたら、なんと「ガンが無くなっている!治療する必要がないから帰っていいですよ。」と医者から言われて本当に驚きました。
大神教様のお力で奇跡が起こったのです!

その後父も嘘のように元気になり、仕事も出来るようになり、孫の顔を見ることも出来、旅行にも行く事が出来、20年間も延命させて頂きました。
私も家族が出来、大神教様の神学を学び、「夫たりとも人」という大神教さまの言葉を忘れずに家族を大事にしていきます。

御殿場道場 Yさん

【お知らせ】信者の体験談 第18回について

2018年11月10日

先日更新させていただきました、信者の体験談:第18回「多額の負債を抱えてからの奇蹟」は、過去の廃止分(第4回)と内容が重複していたため削除させていただきました。

« Older Entries
Copyright(c) 2013 Koushinkai All Rights Reserved. Originally design by Cloud template